アパート経営に必要な第2の保険とは

AIU工事保険のお役立ちレポートmainイメージ

アパート経営には多くの知識が必要です。保険も複数に及びます。AIUの工事保険は大家さんには直接関係がありませんが、今後を考えさせられる意味のある保険です。

アパート経営に必要な第2の保険とは

親戚がアパート経営をしています。

アパート経営の大家が加入する保険といえば火災保険、火災共済保険といったものです。

これは火災事故に遭遇してしまった場合に、保険契約の対象となる部分を保障してもらうための保険です。

入居者の住戸が火元となった場合など、大家は火災保険から相当額を保障してもらうことができるものです。

保険会社の契約内容や支払われる金額はマチマチですが、一応はこの火災保険によって、損害を受けたアパート部分が対象となっていれば相当額を保障してもらえます。

しかし友人に聞いたところによると、火災保険というのは、被害をだしてしまった周辺の人々に弁済するのが目的の保険ではないとのこと。
そのため、もしも入居者が火災保険に加入していなかった場合、たとえ入居者が被害者でも火災によって受けた損害を大家の保険で賄ってくれるものではないそうです。

火災保険については多くの人が誤解しているようですが、
「火災保険は契約者である自分が受けた損害をリカバリーするためのもの」
で、弁済目的の保険ではありません。

また保険には不必要と思っていても、今後のために考えさせられる保険が多くあります。

建設業に携わる会社や施工者が契約を結ぶAIUの工事保険もその1つです。

たとえば「AIU工事保険」は、工事作業や補修作業の最中にミスを起こして建物に損害を与えてしまった場合に、それを補償するという内容のものです。

工事中の作業員のミスですから、大家が責任を問われることはありません。
しかし、もしAIUの工事保険に施工業者が加入していなかったら、その損害金額の大きさ、弁済費用の額によっては、施工会社などから完全に保障してもらえない可能性もあります。

いわゆる泣き寝入りの状態になります。

そんなことが親戚会議の話題になって、先日ようやくAIUの工事保険担当者に来てもらい、私も同席して詳しい話を聞きました。

アパート経営には、多くの知識が必要であり、知らなければリスクを丸抱えしてしまいます。

決して気楽な稼業ではありません。

Copyright AIU工事保険のお役立ちレポート. All Rights Reserved.