特殊清掃を深く知る

特殊清掃が必要になる局面は前ぶれなくやってきます。賃貸経営をしている大屋さんは特に他人ごとではありません。

突然やってくる特殊清掃が必要となる事態

普通の清掃作業で対応できない部屋は特殊清掃を行っている専門業者(例:特殊清掃ネクスト)に依頼して原状回復をしなければなりません。

特殊清掃を行わなければならない部屋とはどのようなものなのか、またどういった事情からそうなるのかをご紹介します。

■特殊清掃の必要性が増えている

特殊清掃という言葉が、メディアで取り上げられて耳にすることが多くなっています。

例えば、孤独死の問題の時。

亡くなったことを身内は気がつかないのです。

独居老人が多くなり、ご家族と疎遠になっていることもあります。

大家族が普通であった時代ではなくなったことの弊害でしょう。

ご遺体を発見するまで長期間に渡ることもあります。

季節にもよりますが、夏場の場合はご遺体の腐敗も早く進みます。

お部屋の壁や床に一般的な清掃をしても落ちない臭いや汚れが染みつきます。

これらを清掃・除菌・消毒するのが特殊清掃です。

部屋の内部を特殊な技術と知識で対応します。

■特殊清掃は突然やってくる!

特殊清掃が必要になる局面は前ぶれなくやってきます。

孤独死だけではありません。

自殺などもあります。

ご遺体の発見が遅れると腐乱や腐敗が進み室内は相当なダメージを受けます。

部屋の現状復旧や原状回復が急務です。

最近増えているのが、一人暮らしの人が自宅で病死するケース。

事件に巻き込まれての突然死です。

一人暮らしの高齢者が死亡した場合は、数日・数週間・数カ月して発見されることもあります。

ご遺体の周囲の汚れ・部屋の隅々まで染みこんでいる腐敗臭。

凄惨な部屋の状態は珍しくありません。

事故による突然死・自殺の場合はご遺族の悲しみも強いです。

とても現場の掃除などできません。