特殊清掃を深く知る

特殊清掃が必要になる局面は前ぶれなくやってきます。賃貸経営をしている大屋さんは特に他人ごとではありません。

どうして特殊清掃じゃないと作業ができないの?

2018年6月9日 // by admin01

特殊清掃をプロに任せる理由はどこにあるのでしょうか?その理由を知れば納得できるでしょう。

■どうして特殊清掃じゃないと作業ができないの?

お身内のご家族が死亡されたことに気がつかないケースが増えています。

孤独死の問題です。

「死臭」がとても問題になってきます。

賃貸住宅の管理人さんや身内の人は自分たちでなんとかできると思っているかもしれません。

しかし、その現場は壮絶!生身の身体で室内に入るのは危険があります。

ご遺体の体液や血液に触ると感染症になります。

小バエが大量に発生しているかもしれません。

それを吸い込むとやっかいです。

これまで嗅いだことがない臭いに暫くは食事ができないこともあると言います。

いろいろな洗剤を使うと塩素ガスが発生してしまう危険もあります。

とりわけ虫と臭いはヤバイ。

ご遺体を放置していた期間や季節によっては、部屋一面を埋め尽くすほど。

一般人ではできないのでプロの遺品整理業者に依頼をして特殊清掃を依頼します。

■専門のプロはどのような特殊清掃をするの?

しっかりと感染対策をして作業をします。

専用の防護服とマスクを着用するのです。

防護服を用意しても一般人では作業ができません。

スタッフは、どんな特殊な現場でも作業ができるように研修を受けています。

死臭は一時間滞在するだけでも身体に臭いが染みつきます。

一般人が清掃するのはまず無理。

汚染物質は表面だけでなく床下や壁の内側まで染みこんでいます。

素人では対応できないのでプロに任すことになります。

暫く食事もできない状態になると困りますし、その気持ち悪さは一生残ります。

Comments are closed.