キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 工事保険は加入者の勉強や認識が必要。 : AIU工事保険のお役立ちレポート

工事保険は加入者の勉強や認識が必要。

AIU工事保険のお役立ちレポートmainイメージ

AIUの担当者によれば、「工事保険に加入しても、補償の内容や範囲は、ほとんど把握されていない現状にある」とか。工事保険はとくに、加入者の勉強が必要な保険です。

工事保険は加入者の勉強や認識が必要。

保険会社ディーラー(工事保険の統括担当者)の話によれば、「請負っているマンションの建築中に、現場で事故を起こしてしまったが、加入している工事保険で補償されるのか」といった相談は日常茶飯事にあるそうです。

これはどういうことかというと、お客さん(契約加入者=施工業者)は、保険会社に勧められるままの工事保険に加入するけれど、補償の内容や範囲については、ほとんど把握していないことを意味しているのだそうです。

生命保険でも火災保険でも、だいたいにおいて保険の契約内容や約款は難解なもので、知識がある専門家でも、工事保険となると顧客の質問に即答できるプロというのは少ないそうです。

建築現場の事故やトラブルといっても内容はさまざまです。

溶接中の火花が揮発性の強い塗料に引火したり、休憩中の作業員のタバコの火が原因になったりすることは良く聞きます。
作業員の転落事故や作業車両に巻き込まれてしまった事故などは、保険代理店の商品によって、補償の有無に違いがあります。

適用外の工事保険に無駄な保険料を払いつづけてきたなどという事態に、そのときになって初めて気づいたという施工者や下請け会社さえあります。

私が知っているAIUの工事保険では、建築中の建物に関する作業員絡みの突発事故や損害以外にも、暴風や落雷など自然災害に近いものにまで損害の補償範囲が設定されています。

建築現場にストックしてある資材の盗難なども多発していますが、そのような事柄にも保障が適用されます。

AIUに限らず工事保険というのは代理店の商品によって相当な差異があるようです。

しかも内容が専門的で難解、普通の火災保険などとは訳が違うとさえ言われています。

工事保険は必要不可欠なものですが、加入者の勉強も必要な保険といえます。

Copyright AIU工事保険のお役立ちレポート. All Rights Reserved.