キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 加入したから安心というものではない? : AIU工事保険のお役立ちレポート

加入したから安心というものではない?

AIU工事保険のお役立ちレポートmainイメージ

工事保険とひと口に言っても、保険会社の各社各様に内容はさまざまです。たとえばAIUの工事保険でも、約款の注意書きまでを読み込まないと例外扱いになる補償範囲があります。

加入したから安心というものではない?

施工者やその下請け会社が加入する保険に「工事保険」というものがあります。

建設業に属する多くの会社ではこの工事保険に加入しているそうですが、実はこの工事保険というのは火災保険や自動車保険のような一般的な保険とは違って、とても専門的で難しい規約内容であるため、契約内容を正しく把握している会社の担当者は少ないというのが実情です。

同じ工事保険とひと口に言っても、
建設業の中の業種の違い
業務内容の種別
使用する現場機材の種類
あるいは供給・支給されている資材の種類や有無によっても、保険の種類は異なるものなのです。

工事保険というのは、保険の一般名称です。
工事保険には個々に商品名があり、補償内容も保障される目的や金額も細かく違っています。

たとえば損害保険の業界では有名なAIUという会社にも工事保険というのがあります。

これはどういう内容かというと、建築中の物件に予測不可能な突発的な事故が起こったり、損害が生じてしまった場合に、それによる工事の遅れの損害や復旧に必要な費用を補償してくれる保険です。

このように概要だけを紹介すると各社ともに似たり寄ったりですが、補償内容や額は少しずつ異なっています。

AIUの工事保険の場合は、その他の損害事例として、
「暴風や落雷、資材などの盗難、建築現場の放火やいたずら」
などにも保障範囲が広げられています。

また「現場車両への人の飛び込みによって生じた損失」についても保障されるとなっています。

しかし現実には約款や契約説明書の注意事項などをよく読まないと、同じ事案でも例外とされるケースが多々あります。

ノウハウのある専門家に立ち会ってもらったりアドバイスを受けるなど、契約までにはもう1つ余分なプロセスを計画したほうが良さそうです。

Copyright AIU工事保険のお役立ちレポート. All Rights Reserved.